認定 > システム管理 > Linux Foundationコントローラースコープ(LFCE-JP)
認定試験

Linux Foundation認定エンジニア (LFCE-JP)

日本語を話す監督のもとで試験を受けたい方は、この-JP試験を選択してください。
Linux Foundation Certified Engineer試験は、より高度なレベルのLinux管理およびエンジニアリングスキルを実証しようとしているLinuxエンジニアを対象としています。

対象者

Linux Foundation Certified Engineerは、3年から5年のLinux経験を持つLinuxエンジニアにとって理想的な認定資格です。昇進の資格を得たり、より高度な新しい仕事を獲得したりするのに役立つ、高度なスキルセットを実証したいエンジニア向けに設計されています。日本語を話す試験監督のもとで試験を受けたい方は、この-JP試験を選択してください。
少なく読む 続きを読む
この認定試験について

LFCEは、Linuxエンジニアリングの才能に対する需要の高まりに応えるためにThe Linux Foundationによって開発されました。試験はコマンドラインに基づくパフォーマンスに基づいており、実務シナリオをシミュレートする項目が含まれています。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

LFCEを保持していることは、エンタープライズ規模でLinuxオペレーティング システムを展開および構成できることを示しています。これは、Linuxエンジニアとして働くために必要なすべてのスキルを持っていることを示しています。実技試験に合格することは、受験者が時間の制約のもとで挑戦的な実世界のタスクを実行する能力を実証します。
少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
基本コマンド 5%
バージョン管理ツールを使用する
プログラムでファイルコンテンツを操作する
多くのシステムで同時にコマンドを実行する
Linuxディストリビューションをインストールする
ランニングシステムの運用 18 %
システムパフォーマンスの監視、調整、トラブルシューティング
オペレーティングシステムを更新して、必要な機能とセキュリティを提供する
カーネルを更新し、システムが起動可能であることを確認します
作業をより速く、より正確にするスクリプト自動化ツール
チームメンバに新しいテクノロジまたは既存のシステムの変更についてトレーニングする
構成管理ツールを介してシステムを維持する
ハードウェアの整合性と可用性を維持する
災害復旧計画の作成とテスト
停止/トラブルのインシデント管理をサポート
システムの使用状況(プロセッサ、メモリ、ディスク、およびネットワーク)、停止、およびユーザー要求に関するレポートを作成および配信します
セキュリティを監視し、監査を実施する
復旧プロセス中にLinuxシステムを操作する
デバイスの検出と管理にudevを使用する
SELinux / AppArmorポリシーを構成および変更する
ユーザーとグループの管理 10%
外部認証ソースに接続する
高度なPAMを構成する
ネットワーク 15%
ネットワークパフォーマンスの監視、調整、トラブルシューティング
ネットワークトラフィックトンネリングを構成する
ネットワークアドレス変換を実行するようにシステムを構成する
IPトラフィックを動的にルーティングする
高度なパケットフィルタリングを実装する
サービス構成17%
HTTPサーバーを実装および構成する
時刻同期サーバーを実装および構成する
ネットワークロギングサーバーの実装と構成
DHCPサーバーを構成する
SMTPサービスを実装および構成する
HTTPプロキシサーバーを実装および構成する
サービスのホストベースおよびユーザーベースのセキュリティを構成する
集中認証サーバーを実装および構成する
PXEブートサーバーを実装および構成する
権限のあるDNSサーバーを実装および構成する
ストレージ管理 10%
高度なLVM構成の管理
ブロックデバイス属性を使用してストレージデバイスを識別する
Linuxファイルシステムの機能とフラグを管理する
リモートブロックストレージデバイスの実装と構成
ネットワーク共有を実装および構成する
システムの設計と導入 25%
容量計画戦略を定義する
展開後の検証を実施する
ソフトウェアパッケージの作成と保守
コンテナーを作成、構成、および保守します
高可用性/クラスタリング/レプリケーションの展開、構成、および維持

Linux Foundationは、業界の専門家やプロジェクトのコミュニティと協力して、コアドメインと、各認定に適用できる重要なスキル、知識、能力(「コンピテンシー」)を特定しました。次に、特定されたコンピテンシーに基づいて、パフォーマンスベースの試験が開発されました。
試験の詳細とリソース
この試験は、Linuxを実行するコマンドラインから複数の問題を解決する必要がある、オンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストです。受験者の持ち時間は2時間です。以下のLinux Foundation認定ポリシーとFAQを確認してください。
前提知識
この試験の前提条件はありません。