Advanced Cloud Engineer Bootcamp

キャリア アップをめざしましょう。わずか6か月でIT管理者から認定クラウド プロに成長できるチャンスです。
今日から始めましょう!

$1200
$1,000のバンドル節約

詳細情報

なぜブートキャンプ?

高度なクラウドエンジニアBootcampロゴ
業界で最も需要の高い仕事の1つであるプロのクラウドエンジニアになることで、キャリアを前進させましょう
クラウド業界のエキスパートであるインストラクターとライブで対話しましょう
エキスパートからのアドバイスを受けて、自分にあったペースを設定しましょう
雇用主が求める現場スキルを証明できる信頼の認定を取得しましょう
最も重要なクラウドテクノロジーを監督するCloud Native Computing Foundationのホストから学びましょう
トップ15の高収入ITジョブに含まれるクラウド エンジニアリング エキスパートとして収益の可能性を高めましょう

スタディ プラン

ブートキャンプに含まれるコース

このフォーマットでは、自分のペースで学習できますが、インタラクティブなフォーラムやインストラクターとのライブビデオチャットを通じてサポートを受けることもできます。

関連するオープンソースプロジェクトのリーダーであるLinux Foundationの専門家が、コースの概要と、成功するための推奨ペースを説明しています。

含まれるトレーニングは、コンテナとKubernetesの基礎から始まり、システム監視、クラウドネイティブロギング、Kubernetesアプリケーション管理に移行し、クラウド管理者としての作業に必要なすべての知識を提供します。

第1〜4週
Containers Fundamentals (LFS253)
私たちのアプリ主導の世界では、コンテナとマイクロサービスはアプリケーションにとって完璧な場所です。このコースは、コンテナテクノロジーの強固な基盤を構築するのに役立ちます。
第5〜9週
Kubernetes Fundamentals (LFS258)
このコースでは、本番環境レベルのKubernetesクラスタをインストールして構成する方法を説明します。ネットワーク構成からアップグレード、サービス経由でデプロイを利用できるようにする方法まで、
第10週
Certified Kubernetes Administrator試験 (CKA)
CKAを取得すると、Kubernetes管理者とクラウドエンジニアの責任を果たすためのスキル、知識、能力があることがわかります。
第11〜15週
サービスメッシュの基礎 (LFS243)
マイクロサービスとKubernetesの成長に伴い、本番環境にはネットワークトラフィックを監視および管理するツールが必要です。このコースでは、Envoy ProxyとIstioを使用してネットワークアクセスを制御する方法を学びます。 (2020年7月31日コース開始)
週16-19
Prometheusを使用したシステムとサービスの監視 (LFS241)
Prometheusは、動的なクラウド環境の監視に特に適した監視システムと時系列データベースです。このコースでは、インストールと展開、その主な機能の多く、ベストプラクティス、および使用例について説明します。
週20-23
Fluentdを使用したクラウドネイティブロギング (LFS242)
「統合ログ層」として知られるFluentdは、高速で効率的なログの変換と強化、および集約と転送を提供します。このコースは、Cloud Native Loggingで使用するFluentdログ転送および集約ツールの技術的背景を紹介することを目的としています。
週24-26
Helmを使用したKubernetesアプリケーションの管理 (LFS244)
複雑で相互に関連するマイクロサービスの導入は、困難な場合があります。このコースでは、Helmを使用して、本番環境クラスターでKubernetesコンポーネントをパッケージ化、インストール、検証する方法について説明します。

ブートキャンプのしくみ

セルフペース

セルフペース

6か月間、週10時間

6か月間、週10時間

毎日:ライブインストラクターの対応(就業時間内)

広範なハンズオンラボと課題

オンラインコースと試験への12か月のアクセス

専用のディスカッション フォーラム

専任メンターへのアクセス

料金に含まれる CKA 試験 (+ 無料の再受験)

PDFの認定証とデジタル バッジ

3日間の返金保証

上級クラウドエンジニアBootcamp卒業生

Advanced Certified Cloud Engineerバッジ

認定試験とBootcamp全体を完了することで、検証可能で信頼できるバッジを獲得できます。