トレーニング > ネットワーク >ネットワークエンジニア向けのDevOps(LFS266)
トレーニングコース

DevOps for Network Engineers (LFS266)

開発と運用の境界がなくなり、組織がアジャイルの原則を採用するにつれ、双方が共通の基盤に適応する方法を学んでいます。このコースは、ネットワークエンジニアがDevOps / Agileプロセスを支援するために必要なDevOpsツールに慣れるのに役立ちます。

対象者

このコースは、ネットワークエンジニアにDevOpsプラクティスの適用を開始し、DevOpsサイクルでの役割を学び、DevOps環境に専門知識を統合するために必要なスキルを提供するように設計されています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、DevOps /アジャイル環境に統合する方法、一般的に使用されるDevOpsツール、DevOpsチームがプロジェクトで共同作業する方法、バージョン管理でソフトウェアと構成ファイルを自信を持って操作する方法、SCRUMチームメンバーの役割を認識する方法、組織にアジャイルの原則を自信を持って適用する方法など。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、DevOpsツールとアジャイルプロセスを使用してネットワークを自動化し、接続、ネットワークパフォーマンスの調整、セキュリティ、およびネットワークの専門知識を必要とするネットワーク管理の他の多くの分野に貢献する準備をします。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コース紹介
第2章最新のプロジェクト管理
第3章DevOpsプロセス:ネットワークエンジニアの視点
第4章Mininetを使用したネットワークシミュレーションとテスト
第5章OpenFlowとONOS
第6章コードとしてのインフラストラクチャ(Ansible Basics)
第7章バージョン管理(Git)
第8章継続的インテグレーションと継続的デリバリー(Jenkins)
第9章DevOpsでGerritを使用する
第10章DevOpsのJenkins、Gerrit、およびコードレビュー
第11章DevOpsプロセスとツール(レビュー)

前提知識
このコースを最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • Linuxシステム管理に関する知識
  • シェルスクリプトの知識
  • Pythonの知識
実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウドプロバイダーの利用規約が変更された場合は、料金が発生する可能性があります。 

レビュー
2020年10月
完全なフローがカバーされ、すべてのラボが接続され、最終目標を達成します。