トレーニング > クラウド & コンテナ > Introduction to Kubernetes on Edge with k3s (LFS156x)
トレーニングコース

Introduction to Kubernetes on Edge with k3s (LFS156x)

エッジでソフトウェアを実行することへの関心が高まっています。このコースでは、例、ラボ、K3sプロジェクトとクラウドネイティブエッジエコシステムの技術概要を使用して、エッジでのKubernetesのユースケースとアプリケーションについて詳しく説明します。

対象者

このコースは、Kubernetesの詳細や、エッジの場所へのアプリケーションや組み込みセンサーの導入に関心のある方を対象としています。学習者はこのコースでKubernetes認定を必要としませんが、Linuxオペレーティングシステムとシェルスクリプトの経験は有益です。プログラミングの経験も厳密には必要ありません。学習者は、自分のコンピューターでDockerを実行できる必要があります。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、エッジの場所でコンピューティングを実行するためのユースケースと、LFEdgeやCNCFなどのさまざまなサポートプロジェクトと基盤について学習します。このコースでは、K3sやk3supなどのオープンソースツールを使用してアプリケーションをエッジにデプロイする方法と、これらのツールをRaspberryPiなどの低電力ハードウェアに適用する方法について説明します。部分的な可用性やリモートアクセスの必要性など、エッジコンピューティングに関連する課題について学習します。実践的な例を通じて、学生はアプリケーションをKubernetesにデプロイする経験を積み、オブジェクトストレージ、MQTT、OpenFaaSを実際に体験します。また、フリート管理と展開のGitOpsモデルを紹介し、メッセージング、およびセンサーと実際のハードウェアとのインターフェイス方法を理解するのに役立ちます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、開発者は、クラウドネイティブの動きがエッジ展開の最新化に与える影響の増大について学ぶことができます。また、k3sプロジェクトを介した具体的な例を通じて、Kubernetesをエッジにデプロイする際の課題についても学びます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章エッジコンピューティングの事例
第2章エッジコンピューティングランドスケープ
第3章スケールダウンおよびシステムオンチップデバイス
第4章K3s:それは何であり、なぜ必要なのか?
第5章独自のラボ環境のセットアップ
第6章KubernetesAPIを使用した実際のワークロードのデプロイ
第7章エッジでの機能
第8章コマンド&コントロールとリモートアクセス
第9章エッジでのアプリケーションの展開戦略
第10章エッジの課題
第11章旅を続ける
最終試験(確認済みトラックのみ)

前提知識
  • Linuxオペレーティングシステムと、一般的なCLIコマンドを使用して引数を渡したり、構成ファイルを使用したり、ネットワークを構成したりする方法に精通している必要があります。
  • Kubernetesへのアプリケーションのデプロイに関する基本的な理解または以前の経験が役立ちます。
  • コンピューターでDockerを実行できる必要があります。
関連のコースや認定