トレーニング > オープンソースのベストプラクティス >安全なソフトウェア開発:実装(LFD105x)
トレーニングコース

Secure Software Development: Implementation (LFD105x)

攻撃に対して強化されたソフトウェアを開発するためのセキュリティの基本を学び、脆弱性が悪用された場合の被害を軽減し、対応をスピードアップする方法を理解します。このコースでは、リソースが限られている場合でも、ソフトウェア開発者が安全なソフトウェアを実装するために実行できる実際的な手順について説明します。

対象者

このコースは、ソフトウェア開発者、DevOpsプロフェッショナル、ソフトウェアエンジニア、Webアプリケーション開発者、および安全なソフトウェアの開発方法の学習に関心のあるその他の人々を対象としており、限られたリソースでも情報セキュリティを向上させるための実践的な手順に焦点を当てています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、重要な実装の問題に焦点を当てます。入力の検証(デニリストではなく許可リストを使用する必要がある理由など)、データの安全な処理、他のプログラムへの呼び出し、出力の送信、エラー処理。最も一般的な種類の攻撃に対抗するために(開発者として)実行できる実際的な手順に焦点を当てています。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

この安全なソフトウェア開発トレーニングコースにより、ソフトウェア開発者は、攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムを作成および保守し、攻撃が成功したときの被害を減らし、潜在的な脆弱性を迅速に修復できるように対応をスピードアップできます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章入力検証
第2章データを安全に処理する
第3章他のプログラムの呼び出し
第4章出力の送信
最終試験(検証済み証明書トラックのみ)

前提知識
学生はすでにソフトウェアの開発方法をある程度知っていると思います。